FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

インターネットラジオでJ-POP

インターネットラジオでJ-POPというのが一番たくさんの利用希望者がいるかもしれませんね。

でも・・・

東芝EMIやワーナーの参加するインターネットラジオの放送局du-ubも8月末でなくなってしまい、複数のレコード会社で構成されるレーベルゲートも、SME以外の会社ではあまり積極的に楽曲を提供していません。

インターネットラジオ局のリアルネットワークスは、約1年前に新プレーヤーRealOneを発表し、そして8月末より有料のネットラジオサービスを開始したそう。
曲数は6万曲相当とWonder Jukeと比べるととても多いですが、オンデマンドなので好きな曲が必ず聴けるわけでもなく、これで月額900円というのは利用者から見て料金的に割高感があります。

しかし、RealOneサービス本部長森勉氏は、「あくまでこれは、来るべき音楽配信サービスへの始めの一歩で、現在は日本のレコード会社と調整中で、年内には国内のJ-POPを流すインターネットラジオサービスを始める予定。

また、米国のRhapsodyという聴き放題型サービスの日本展開も考えているので、早ければ1年後くらいには日本の音楽が流れる聴き放題型サー ビスが提供出来るのではないでしょうか」とは語っていました。

このように2・3年近く前から積極的にネット展開を進めてきたリアルネットワークスのインターネットラジオなのですが、米国の音楽配信とは違って日本の音楽配信は、カタログ数や価格など他にも使い勝手などの面で大きく劣っていると言えます。

米国のiTunes Music Storeの成功や、聴き放題型サービスの台頭に倣って、次に踏み出すのかそれともdu-ubのように、完全撤退の方向に向かってしまうのかは、日本の音楽配信が転換期に来ている事は間違いないと考えられますね。

これまで、日本で音楽配信が進まない最大の理由は「大手メジャーが消極的」という事でしたが 、それも昔の事で、最近ではブロードバンド環境の整備や、米国のiTunes Music Storeの成功などで、徐々に態度が軟化しつつあり、数年後にはインターネットラジオで最新J-POPを楽しむというライフスタイルが当たり前になっているのかもしれないですね。

インターネットラジオでJ-POPが聴けると楽しいのになーと残念ですが、今後に期待ですね。
スポンサーサイト
2007/08/17(金)
番組

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。